住まいづくりは、マンションと戸建てではどっちがいいのか。

どちらにも長所・短所があるでしょう。

住まいづくりの第一段階として、ご自身の住まいを「マンション」とするか「戸建て」とするかという事は大きな分岐点となります。

マンションを選ぶ人の中には「本当は戸建てに住みたいけれども金銭面などを考慮してマンションにした」という方もいるかもしれませんが、戸建てに比べてマンションの方が安価という訳では決してありません。
マンションの価格を左右するものはその立地場所と建築構造、専有面積の広さなどで、特に立地場所というものが大きくウェートを占めています。

これは知識というより当たり前の事ですが、地価というのは都市部が高くなっています。
それはその利便性などからその土地を欲しいと思う人が多いという事から、需要と供給のバランスからどうしても地価が高騰をしているからです。
そうした利便性を求める人など都市部にある分譲マンションを住まいづくりの拠点として購入をしようと考えるでしょうし、多少利便性は劣るとしても、庭のある戸建て住宅を求める人は、戸建て住宅をご自身の住まいづくりの拠点として購入を考えるものです。

どちらが良いか、それはご自身、そしてご家族の生活スタイルに合わせて購入を考えるべきですが、「夢のマイホーム」とも言われるご自身所有の戸建て、あるいは分譲マンションどちらにも一長一短があるという事を知っておいて下さい。
戸建て住宅は土地建物共にご自身所有の物件となりますので、建物だけでなく、庭や駐車スペースなどもご自身の管理となります。
自由に利用できるという利点がある反面、清掃管理などの責任も必要となります。

それに対して、分譲マンションの場合には住居スペースは自己所有物件ですので管理が必要ですが、駐車スペースやエントランスなどは共有スペースとなりますので、清掃管理に関しては管理会社または管理人の仕事になりますので、ご自身で行う必要はありません。
たかが外回りの清掃と考えがちですが、長い年月を生活するのですから、手間と時間、そして費用もバカになるものではありません。

またマンションの魅力はその立地場所と説明をしましたが、多くのマンションは都市部の利便性の良い場所に建設されています。
住まいづくりを考えた時に都市部の利便性の良い場所で生活を送って行きたいと考えている人にとって、同地域で戸建て住宅を購入するよりも価格的にも抑えられている場合もありますので、「手が届く」という事もあります。
しかし、購入をした方でないとあまり知られていない事ですが、マンションにも土地に関しての固定資産税が課税されます。
これからマンションを購入しようと考えている方に知識として知っておいて頂きたいのですが、マンションの建物に関しての固定資産税は、専有面積である住居スペースの部分のみが所有物件となり、その面積によって課税額が決まると思いがちですが、実際には建物内の共有スペースに関しても、専有面積に応じて按分をされ課税をされています。

そして建物の土地に関しても、同じことが行われ、専有面積に応じて課税をされます。
この時、忘れがちなのが、建物が建設されている部分のみが課税対象と考えがちですが、そのマンション敷地面積全てが課税対象ですので、駐車スペースまたは屋外にあるエントランスなど全てが、各マンションの所有者へ課税されます。
その為、いざマンションに入居をした後で、土地に関しての固定資産税が想像以上に高額だったという声がよく聞かれますので、購入後にびっくりする事がないように、これは知識として覚えておいて下さい。