人も家もお洒落はお金がかかります

夢のマイホームなんだから「素敵!」って言われたい

住宅展示場に並んでいるモデルハウスはどれも理想の住まいを思わせる造りになっていて、こんな家に住んでみたいという気持ちにさせてくれます。
しかし住まいづくりを考える上で、オシャレな家というのが必ずしも住みやすい家という訳ではありません。
モデルハウスはあくまでもモデルハウスであり、自分が理想とする住まいづくりの参考にするには良いのですが、それをそのまま自宅として建築するにはいささか無理がありますし、無駄な場合もあるのです。

例えば、玄関から繋がった開放的で広いLDK、一見すると間仕切りばかりが多い純和風建築に比べて伸び伸びしていて気持ちの良い雰囲気を醸し出していますが、いざその場所で実際に生活をするとなると、いくつかの問題点と直面することになります。

一例として「冷暖房費」です。
広いLDKが間仕切りがなくひとつのスペースとなっている場合には、冷暖房はその広いスペース全てを賄えるだけの力が備わったものにしなければなりません。
ご家族が「今いる場所だけを暖め、あるいは冷やしてくれれば良い」と考えたとしても、クーラーはその広い部屋全体を冷やそう、暖めようと電力をフル回転させますし、ファンヒーターで今いる場所だけを暖めようとしてもその熱は広いスペースへと流れて行ってしまうものです。
そして「こんな時、ここに間仕切りがあれば…」と後悔をすることになるかも知れません。

この「冷暖房費」は広さだけでなく、天井高にも同様の事が言えます。
天井が高いと圧迫感がありませんし、何より部屋をより広く感じる事ができ、こちらも開放的というフレーズがよく使われますが、この開放的というのはその分「冷暖房費」が加算されるという事を知っておいて下さい。

冷たい空気は下に、反対に暖かい空気は上に上がります。
これは子供にとっては知識ですが、大人にとっては知識というより常識として知っていてもらいたい事です。
それを踏まえて考えてみれば、寒い冬に暖めた空気は天井へと上がっていっているのです、それが天井にあたる事で対流となり下層部へと流れ落ちて部屋全体を暖めているのです。
それが2階まで吹き抜け仕様の天井高の部屋の場合にはどうなるか、当然暖かい空気は2階部分まで上昇をして、天井にたどり着いた時点でやっと下層部へと流れ落ちてきます。

それならばエアコンを天井の高さに合わせて設置をすれば良いと考えるのは非現実的です。
手の届かないように高さに設置をしたエアコンの手入れをどのようにするのか、その都度業者に依頼をする余裕があるのならば、それもいいかもしれません。
しかし実際問題として毎月ローンを返済していかなければならないのですから、よほど生活にゆとりのある人でなければそんな事はできません。

部屋を明るくする電灯にしても、吹き抜けのような高い天井に設置をされた電球が切れた時、交換はどのようにするのか考えなければなりません。
これは間接照明も然りです、オシャレなモデルハウスなどでは間接照明が多用されていますが、実際に生活をしていく上で、間接照明がどれほどの必要性があるでしょうか?確かにオシャレな生活には欠かせないものかもしませんが、生活をしていく上で必ず必要かと言われれば無くても生活をしていく事は可能です。
照明器具や電気代もタダではないのです。

ですが、勘違いをして欲しくない事は、開放的な広いLDKが良くない、吹き抜けが良くない、間接照明が必要ないと言っているのではありません。
住まいづくりをしていく上で、それがご家族の希望ならばその希望に添った住宅を建築すれば良いですし、すべきだと言えます。
ただそれにより光熱費やそれに伴う諸費用が加算されていくと事を知識として頭に入れておいて頂きたいのです。